薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

フランジ・リング形状における品質向上のポイント

切削による切子や中板の出し入れにより傷になりやすい フランジ・リング形状の切削の際には形状安定のために中板を中に入れた上で加工することが多くなる。 この際、中板とワークの接触部に傷が付いたり、切削切子が飛散してワークに傷をつけてしまう。
形状を変更することで傷を抑えることができる ワークの中板と接触する部分の形状を変更し、切子が飛散しても傷が付きにくいようにする。

フランジ・リング形状部品の切削加工において形状安定のために内部に中板を挿入して加工を行うが、この中板とワークの接触によりワークに傷がついてしまう。また、切削切子も傷をつける要因になる。製品形状を変更することでこういった傷がつくことを防止することができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO