薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

旋盤加工における内径加工コストダウン設計のポイント

内径の最小加工径により使用できる工具が限られる
旋盤加工における内径の加工では、最小加工径により使用できる工具(ボーリングバー)が限られてしまう。 小径工具では加工時間が長くかかってしまう。
最小加工径部分を大きく設計することで大径の工具を用いることができ、加工時間を短縮することができる 旋盤加工では内径が大きくなればなるほど径の大きな工具が使用できるため、加工時間を短縮することができる。 そのため最小加工径の径設定により加工コストを調節することが可能になる。

旋盤加工の内径加工では、最小加工径に合わせて工具の選定を行うため、大径の加工部分と小径の加工部分が混在していると小径の工具を使わざるを得ず、加工時間が長くかかってしまう。設計上問題のない範囲で最小径部を設計変更することで加工時間を短縮しコストダウンを図ることができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO