薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

旋盤加工 丸物部品におけるコストダウン設計のポイント②

掴み代が不十分な場合、強くワークを固定できず加工時間が長くかかってしまう 旋盤加工を行う際に、ワークの掴み代が十分に図面上で取られていない場合、ワークを強く掴むことができず、大きな負荷をかけられない。結果、加工時間が長くかかってしまい、加工コストも高くなってしまう。
設計を変更し、ワークを力強く固定できる設計に変更することで加工時間を短縮できる 旋盤加工を行う際の、ワークの固定のことも考慮に入れ、設計段階で掴み代の形状変更を行い、十分な大きさを確保することで加工スピードを上げることができる。

旋盤加工で掴み代に余裕がない加工を行う場合、強く固定できないと加工の負荷をかけられず加工時間が長くかかってしまう。部品仕様上問題のない範囲で、形状の設計変更を行い、部品の固定を容易ににすることで、加工負荷を上げることが可能になり、加工時間・コストを短縮することができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO