薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

深穴形状の設計変更によるコストダウン

小径・深穴の加工は特殊なドリルが必要になる ドリルによる穴加工は深さとドリル径の2つの設定が重要であり、小径・深穴の加工は特殊なドリルが必要となり、加工コストが高くなってしまう。
貫通穴や大径穴に変更することで加工時間を短縮可能 形状を変更し、深穴を貫通穴としたり、穴径を大きくすることで、加工時間・工具費等を抑えることができ、コストダウンに繋げることができる。

穴形状の設計については、穴深さと穴径のバランスを考慮した設計にすることが重要である。穴径が細い深穴形状になると専用の高額のドリルが必要になり、加工時間も長くかかってしまう。深穴形状を設計する際には貫通穴にしたり、穴径を大きくすることで加工コストを下げることができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO