薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

ねじ形状における加工コスト削減のポイント

ねじ形状は単体での精度確認が難しく、やり取りが煩雑になる
ねじ形状部品の「雄ねじ」または「雌ねじ」単体の加工の場合、加工したもの単体だけで図面どおりの精度が出ていても、実際に部品を現場で合わせると不具合が出ることが多く、様々な面でコストが高くなってしまうことが多い。
規範となるねじを用意することで実際上の精度確認を容易にする 手間はかかるが単体のねじ加工であっても、ねじ規範もしくは、ねじ相手を用意することで、加工や検査の費用を削減することができ、トータルで見るとコストを削減することができる。

ねじ加工において、「雄ねじ」または「雌ねじ」どちらかの単体加工であっても、実際に合わせてみるまでは精度が出ていてもうまく合うかどうかがわからない。確認相手となるねじ規範や実際のねじ相手を用意することで、加工と検査の工数を減らすことができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO