薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

嵌め合い形状コーナー部の設計変更によるコストダウン

嵌め合い形状コーナー部の設計変更によるコストダウン 嵌めあい部品において、精度が必要な高精度のものは角部分の加工が難しいため、切り欠け形状にすることで対応することが多くなる。 しかし、この切り欠け形状自体も工程が多く必要になる。
嵌め合い形状コーナー部の設計変更によるコストダウン 仕様上問題のない範囲で、嵌めあい部分の片側を大きく面取りしてしまうことで、接触面の精度を満足しつつ、角部における加工コストを減らすことができる。切り欠けの場合と比較して工程を大きく削減できる。

嵌めあい形状部品の角部分は、エッジを出すことが切削加工では難しいために切り欠け形状に設計変更することで対応することが一般的である。しかし、切り欠け形状に加工することだけでも工数が多くかかる。このような場合、上図のように嵌めあい部分の片側を面取りしてしまうことで加工コストを削減することができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO