薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

不均等形状における焼き入れによるトラブル防止のポイント

焼き入れにより形状に歪みが発生する 一般的に、加工後に焼き入れを施すと形状に歪みが出てしまう。特に薄肉のリング形状は、歪みの影響が大きく内形・外形に出てしまい、5/100~3/10以上の歪みが出てしまうこともある。
 
粗加工の後に調質を入れることで焼き入れ時の歪みの影響を小さくすることができる 高精度部品や特に形状に歪みがでやすい薄肉リングの場合は、粗加工を一度行った後に、調質を行う。その後に仕上げ加工を行い、焼き入れへと工程を進めることで形状歪みの影響を小さくすることができる。

焼き入れを行う際は金属内部の残留応力等の影響で形状に歪みが発生してしまうことがある。特に薄肉のリングやフランジ形状になると影響が顕著で3/10近く歪んでしまうこともあります。歪みやすい部品の場合、一度粗加工を行った後に調質を入れ、最後に焼き入れを行うことで歪みの影響を抑えることができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO