薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

特殊薄肉リング形状における加工コストダウンのポイント

リングの外形が曲面になっている場合、チャッキングが困難になり、特殊な冶具画必要になる リング形状の外形が曲面形状の場合、外側からチャックでワークを固定することが困難であり、特殊なヤトイ冶具を用いる必要がある。 段取り時間が増え、加工コストが高くなってしまう。
外形部分の曲面形状に一部ストレート部分を入れて設計することで、加工が容易になりコストを下げることができる
リング形状の曲面部分外側に、一部分平面形状をつけて設計することで、旋盤加工の際に外側からチャックで固定することができるようになる。 通常のリング形状と同様に加工することができ、加工コストを下げることができる。

旋盤加工でリング形状を加工する際は、ワークの固定方法が非常に重要になる。特にリングの外形の形状が曲面となっている場合は、外側からのチャッキングが困難で加工コストが高くなる。こういった場合は、旋盤加工が容易になるように形状の部分変更を行うことで加工コストを下げることができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO