薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

薄肉リング形状における品質向上のポイント

突っ切ってリングを落とすと薄肉形状の場合直径に対して0.1~0.2%の歪みが発生する 薄肉のリング形状部品を加工する際には、形状を加工して出した後に突っ切って落とすことになるが、この時に薄肉形状では直径に対して0.1~0.2%の歪みが発生してしまい、高精度部品の場合には問題となる。
肉厚を厚くすることで、歪みの影響を避けることができる 薄肉形状から肉厚形状に変更することで、歪みの影響を少なくすることができる。 この際の目安として、例えば直径がΦ200の場合であれば、肉厚が15あれば歪みは出ない。

薄肉のリング形状を旋盤加工する際に、形状を出した後に突っ切って落とす場合歪みが発生しやすくなる。この影響を防ぐためには肉厚と直径のバランスの取れた設計を心がけることが重要であり、可能であるならば直径に対して10パーセント近くの肉厚を確保することで品質の安定化が図れる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO