薄肉旋盤.comの5つの特徴 ハンドブック無料プレゼント!

コストダウンを実現するVA/VE設計のポイント

薄肉リング部品におけるコストダウン設計のポイント

形状が安定しにくく、中に中子を入れる必要がある 肉リング形状は、一般にリングの厚みが薄くなればなるほど歪みが発生しやすく加工も困難になる。 左図の例では、中に中子を入れて形状を安定させた上で加工しなければいけないので、加工時間が長くかかってしまう。
一部分を厚くし、鍔つきリング形状に設計を変える 薄肉リング形状の一部を肉厚にし、鍔つきリング形状にすることで形状を安定させることができる。 中子を入れる必要もなくなるので工数削減でき、コストダウンを達成することができる。

薄肉リング形状の加工は、加工の際にリングに歪みが発生し易く、加工が難しい。仕様上問題がなければ設計を変更し、リングの一部を肉厚にすることで形状を安定させ加工工数を削減することができる。

大径リング・フランジ・薄肉丸物加工 VA/VE・コストダウンのポイント

メールでのご質問・ご相談はこちら
    • 設計段階でのコストダウン
    • 設計者が知っておくべき加工技術
    • 正しい加工知識によるコストダウン
    • コストダウンを実現するVA/VEのポイント
    • 加工事例
    • 大型リング・フランジ加工技術相談室
    • 技術者のつぶやき
    • 設備情報
    • 有限会社杉山製作所
    • ISO